これから飲食店の開業を目指す人に。シェアキッチンの虎ノ巻

~山口では珍しいシェアキッチン、活用法をお伝えします!~

シェアキッチンとは、キッチンを数人でシェアすること

カーシェアリングやシェアハウスなど、生活の中のあらゆるものが所有から共有へシフトしている昨今、シェアリングエコノミーが拡大しています。
数人でシェアすることにより、サービスや商品を低価格で利用することができることから、人気を博しています。

Megribaのシェアキッチンもシェアリングエコノミーのひとつ。
今回は、実際に東京のシェアキッチンを利⽤して「橘菓⼦製作」というブランドを⽴ち上げた⽬伯洋輔さんをゲストにお迎えし、「シェアキッチンってどんな人が利用するの?」「メリットやでデメリットは何?」など、経験をもとにお話しいただきます。

⼭⼝でフードプランナーとして活躍され、昨年5⽉には萩市笠⼭の展望台カフェ「⺎⺎kotsukotsu(こつこつ)」をオープンした⽥中愛⽣さん(合同会社T&B 共同代表)もお迎えし、コロナ禍における山口の飲食ビジネスについてのトークイベントも開催!
お2人ならではの視点で飲食業界について語っていただきます。

当⽇は橘菓⼦製作の特製マカロンと⺎⺎で⼈気のバスク⾵チーズケーキをお⼟産にご⽤意しております。
シェアキッチンに興味のある方、飲食ビジネスについて興味のある方お気軽にご参加ください!

日時2022年2月27日(日) 13:00~15:00
場所Megriba コミュニティラウンジ
対象・飲食店の開業や飲食ビジネスに興味ある方
・シェアキッチンについて知りたい方
・地方や山口における働き方に興味ある方
参加費1,000円
お土産付き(橘菓子製作:マカロン&兀兀:バスク風チーズケーキ)
定員20名
当日のプログラム13:00-13:10 受付開始
13:10-13:20 Megriba紹介
13:20-14:20 トークイベント
・テーマ1 「コロナでどうなった?山口における飲食ビジネスの今」
・テーマ2 「飲食店の開業前におすすめ?シェアキッチン虎ノ巻」
14:20-14:25 参加者アンケート
14:25-15:00 シェアキッチンで交流タイム(お土産配布)
問合せ先info@megriba.jp
その他感染防止策チェックリスト

登壇者 プロフィール

目伯 洋輔 (めじろ ようすけ)氏

橘菓子製作(東京のシェアキッチンで開業)

2012年からスイス/ジュネーブ近郊のパティスリーでマカロン、アイス、ケーキの製造を担当し、南フランスのカンヌでは二つ星レストランのデザート部門で1年半勤務した後にフランスのローヌ・アルプ地方のパティスリー&ブランジェリーではマカロンの製造部門のシェフとして活躍。2019年にはジュネーブで、テニスプレーヤーのロジャー・フェデラーさんが主催した「Laver cup」開幕ディナーのデザートを手掛けるなどの経歴を持つ。
https://tachibana-dessert.wixsite.com/website

田中 愛生(たなか あいき) 氏

合同会社T&B 共同代表・フードプランナー(⼭⼝で活躍)

東京都出身。幼少より料理に興味があり、まずはスペインに料理を学ぶため留学。

その後、東京銀座の和食店で修業。その後、更なる料理の造詣を深めるためフランスに留学。日本に戻り、自然にあふれる地方都市に魅力を感じ、19年から山口市在住。山口を魅力溢れる場所にすることを目的とした合同会社T&Bを設⽴し共同代表に就任。
昨年5⽉に萩市椿東の「笠⼭(かさやま)」の展望台にカフェ「⺎⺎(こつこつ)」をオープン
https://www.instagram.com/kotsu_kotsu_cafe/

司会進行

手嶋 由利子氏

トライアングル編集部

創刊40年目を迎える山口県のタウン情報誌。『トライアングル』山口の話題のグルメを中心に色々な山口の“楽しい”をお届けしている人気誌。
https://tryangle.yamaguchi.jp/

新型コロナウイルス感染拡大防止について

以下の対策を徹底いたします。ご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
・参加者・関係者の検温、消毒
・参加者・関係者:マスク着用、登壇者:互いに距離を取った配置
・会場の定期的な換気
体調がすぐれない場合は、くれぐれも無理にご参加されませんよう、ご配慮ください。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。