【ヒトシゴトin やまぐち vol.32】


23歳の若さで一人で大量発注のお菓子も製作、大堀真奈さんにインタビュー!

Megribaカフェにもマドレーヌを卸ろしてくださっている大堀さんにお話を聞きました。

現在の活動、お仕事について教えてください。

焼き菓子がメインで、お菓子の製造販売をしています。冬場はボンボンショコラも作っています。防府市で一軒家を借りて、DIYで床や壁を張り替えて、フィナンシェやマドレーヌ、スノーボール、焼きドーナツなどを一人で作っています。友人に手伝ってもらうこともあります。

お一人でたくさんのお菓子を作られているのですね。「お菓子の製造販売」をお仕事にしようと思ったきっかけと始めた経緯について教えてください。

元々、カフェをやりたくてカフェの専門学校に行っていました。専門学校を卒業後、高校の時にバイトしていたカフェでパートとして働き始めました。そこに卸ろしていた焼き菓子会社がコロナの影響で事業を辞めて店長が困っていた時に、「私作りたい」と手を挙げたことがきっかけです。
ノリと勢いで始めたところがあります。(笑)

そこのカフェに卸ろしたのが最初で、その後イベント出店やネット販売をしています。

ノリと勢い!それも大切ですね。Megribaとはどのような繋がりがありますか?

Megribaカフェにマドレーヌを卸しています。以前、KDDI維新ホールであったおさんぽまーけっとのイベントに参加した際に、友永施設長と知り合いました。そこから、モリンガコラボの商品を作って…とそんな中、Megribaカフェからご依頼を受けて卸ろすようになりました。

#モリンガのある暮らし 友永さんより

気軽に安価でコラボの商品を作ってくれます。商品もとても綺麗で、美味しくお客様からも好評です。

こんなにフットワーク軽く、お菓子を作ってくれる人は他にいません。本当は秘密にしたいくらい良いお菓子屋さんです。(笑)

Megribaカフェでもファンがいるくらい大人気です。とっても美味しいですよね。今後の目標を教えてください。

20代のうちにお店を持ってカフェを開きたいです。焼き菓子だけでなく、お菓子料理関係なくまんべんなくやっていきたいです。自分の作りたい雰囲気のカフェを作りたいです。色々な人に私の作ったものを食べてもらいたいです。

ぜひお店を開くときはMegribaにご相談くださいね。全力でサポートいたします。

最後に、これから起業したいと考える方や、副業してみたいと思う方に、先輩起業家としてメッセージをお願いします。

私自身ノリと勢いで始めたけど、意外となんとかなっている!(笑)

ダメだったら、また考えたらいいので、やりたいことがあったら挑戦してみて欲しいなと思います。

メグリバ編集後記


夢を叶えるために努力されている大堀さん。明るくこちらが元気を貰えるような彼女の笑顔が眩しかったです。

大堀さんが作るお菓子は可愛くてとても美味しいのでぜひMegribaカフェで味わってみてくださいね。

プロフィール :大堀 真奈(おおほり まな)

防府市出身。高校で調理師免許を取得。

大阪の調理専門学校のカフェクラスでカフェのことを専門に勉強する。

卒業後、防府市へ帰って来てカフェで働き始める。

2020年頃、「calme」を起業する。

Instagram:@__calme___

ネットショップ:https://calme0616.theshop.jp/

Megribaでは起業したい皆様を応援する相談会や

セミナーを随時開催中です。

また、チャレンジショップやシェアキッチンなどのご利用で

起業された皆様を応援しています。

ぜひお気軽にMegribaへお立ち寄りください。

vol.31はこちら

vol.33はこちら