【ヒトシゴトin やまぐち vol.36】


山口県民なら一度は聞いたことがあるお声、フリーアナウンサー柴田まゆみさんにインタビュー!

山口でフリーアナウンサーとして活躍されている柴田さんにお話を聞きました。

現在の活動、お仕事について教えてください。

フリーアナウンサーをしています。

YAB「ナビテレ!」のリポーターをはじめ、県内ケーブルテレビの番組ナレーション、テレビ・ラジオ・youtube等のCM・VPナレーション・式典やイベント司会など声のなんでも屋さんです。「話し方講座」の講師にも呼んでいただくことがあります。

(詳しくは、タレント図鑑のホームページをCHECK!

タレント図鑑にも登録されているのですね、とても綺麗なお声です。「アナウンサー」をお仕事にしようと思ったきっかけと始めた経緯について教えてください。 

幼少期から話すことが好きでした。声が大きいという理由で小学1年生は号令係でした。父の転勤に伴い、小学校を3回も変わったのですが、転入生というだけで注目を浴びるのが恥ずかしくて、目立たないよう少しでも早く周囲に溶け込もうと頑張っていましたね。

中学生になるとクラス委員になり発表の場が増えたことで喋ることが楽しくなりました。声が通ること、文章力・説得力があるということで国語の先生に褒められ「アナウンサーになれば良いじゃない」と言われたことがきっかけでアナウンサーを意識するようになりました。高校は放送部に入部しましたが、真剣にアナウンサーを目指すというよりは部活の先生と映画を観に行ったりお昼の放送で自分達の好きな音楽をかけて満足する程度でした。

小さなころから「声」の素質とご興味をお持ちだったのですね!

1981年にスタートしたテレビアニメ「うる星やつら」の初回放送を観て、キャラクターと声がぴったり合った作品にすぐさま虜になり声優になりたい!と思いました。「声」の仕事を意識した最初ですね。

小学校高学年になるとラジオが好きになり、深夜に布団を被りイヤホンを耳につけて家族に見つからないよう名古屋のAMラジオ番組やオールナイトニッポン(笑福亭鶴光さんやとんねるず、ウッチャンナンチャン)を聴いていました。高校に入学するとFM放送が大好きになりFM愛知の番組を聴いていました。「FM STATION」という雑誌を買って、毎号熟読。当時はオンエア曲が掲載されていたので、小田和正さんやシングライクトーキング、陣内大蔵さんといった大好きなアーティストソングをチェックし、コンポの前で正座をして聴いたり、お気に入りの番組にハガキを出しまくっていました。番組で読まれるとアーティストのグッズやCDをもらえたんですよ。佐藤竹善さんの番組「キャッチザポップ」でハガキを読んでもらえた時は嬉しくて嬉しくて。ラジオの世界に夢中になっていました。そのラジオの中で聴こえてくるニュースの声にも憧れを持つようになり、ラジオDJやニュースアナになりたいと思うようになりました。

雑誌『FM STATION』は1998年3月に休刊されたが、2023年7月からWebマガジン『FM ステーションonline』として復活している。FM STATION online:https://fmstation.jp/

そこから、アナウンサーを目指すようになったのですか?

いえ、当時は夢よりも現実をみなさいという時代だったので高校卒業後は推薦で短大の家政科に進み、医療事務や中学校家庭科二種免許などを取りました。

就職氷河期ということもあり周りの子達は仕事に就かなければならないという焦りから体調を崩す子もいたんです。その姿に疑問を感じ就職活動をしていませんでした。

塾講師とケーブルテレビでアルバイトをしていたのですが塾では授業の仕方に悩み、ケーブルテレビでは担当者が変わるとその度に指示が違うので戸惑う日々。正直、辛かったですね。これから先どうすればいいのかわからなくなっていました。

そんな時、本屋で何気なく手に取った就職情報誌にバイト先とは別の開局間もないケーブルテレビの社員募集を見つけ「これだ!」とすぐに応募しました。

運よく採用され正社員として番組制作、営業、ホームターミナルの設置といった仕事を兼任し地域を走り回りました。テレビカメラ、バッテリー、三脚を担いで一人で番組撮影に行くことも増え、仲良くなった取材先の方から「柴田さんの声が聴きやすい」とほめていただいたことがきっかけとなり名古屋のタレント事務所に所属することになったんです。

FM愛知ニュースアナウンサー時代の柴田様 ※写真は岐阜ラジオでの番組収録風景

所属後初めてのオーデイションで得た仕事がFM愛知のニュースアナウンサーでした。高校生の頃ハガキをたくさん出していた放送局で自分がニュースを読むときが来るなんて。嬉しかったですね。憧れと夢が叶いました。その後は岐阜県、三重県のテレビ・ラジオ局でリポーターや番組DJを担当、キャスター、ナレーション、司会等、声のなんでも屋さんを6年ほど経験しました。

振り返ると本当にたくさんの現場に行かせていただきました。イベントの司会に原稿が届かなかったり、お客様が数人という現場も。命が危ないと思った現場もありましたね。過酷でしたがそのおかげでどんな状況でも喋ることができる!という自信はつきました。

大変なことだらけでしたが、芸能人や著名人にもお会いできましたし、指導して下さった放送局の大御所アナウンサーや名古屋で活躍している喋り手さんとの出会い・交流のおかげで言葉を伝える大切さを知ることができました。

大変といえば、何より声の質を保つこと。一番大切な商売道具なので、夏でも首にタオルを巻いて寝たりカイロを持ち歩いたり。のど飴やのどスプレー、漢方薬は必ず鞄の中に入っています。

とても苦労されていらっしゃったのですね。山口で活躍されるようになったのは、なぜですか?

結婚を機に山口に来て、フリーアナウンサーになりましたが最初は旦那以外誰も知り合いがいなくて、仕事もなく寂しい日々を過ごしていました。唯一の楽しみは道場門前のコーヒーボーイさんに週2回通うことでした。

山口での最初の仕事は、YAB山口朝日放送さんと山口ケーブルビジョンさんで放送されていた番組のリポーターです。その後、FM山口「paradise radio(ぱららじ)」を担当し、ナレーションや司会等、少しずつ仕事のご縁が広がっていきました。

その後、仕事をしながら妊娠出産、子育てを通して友達や知り合いも増え山口県内での生活が凄く楽しくなりました。SNSの普及のおかげもありますね。山口市湯田温泉を盛り上げ隊「ゆだもり」の仲間にも加えていただきましたし、Facebookで山口県観光連盟さんが観光フレンズの募集をしていたのを見つけダメ元で応募したら声をかけていただき、観光フレンズを支えるという形で「山口県観光エキスパート」を設けていただきました。昨年6月までの4年間、山口県観光PRのお手伝いをさせていただきました。 この活動で山口県の良さをさらに知ることができ、時間があれば県内を移動し、イベントやお店の紹介をInstagram(@sibataya )に投稿しています。

ご縁が広がって、山口で様々な活躍をされていらっしゃるのですね。 柴田さんの今後の目標ってありますか。

目標は、人に必要とされ続けることです。他県出身ですがこの先も「山口のことなら柴田に」とご依頼いただけるよう頑張りたいです。欲張りですが、幼い頃に憧れた声優のお仕事にも挑戦できたらとも思っています。

数年前に現役アナウンサーやナレーターさんが集まる声のプロの団体「こどもアナウンス発声協会╱EACO」(https://www.genkinakoe.org/member.html)のメンバーにも加えていただきました。

「こどもアナウンスブック-正しい発声と伝える力」に沿って講座等で発声や滑舌、自己紹介のポイント等を伝えています。

今後は山口県内の喋り手を目指す方のお手伝いもしたいですし日々のコミュニケーションにも活かせるような講座やイベントをしていきたいですね。教育現場や教師になる直前の方々にも教える機会があれば嬉しいです。

数年前からマルシェMCもしています。イベント司会をするだけではなく、会場に出店されているキッチンカーや作家さん方の紹介をして、お客様とお店の方々とのご縁を繋ぐお手伝いもできたら嬉しいですね。

いろいろな目標をお持ちですね。マルシェMCいいですね!出店者の方々から喜ばれそうです! 最後に、これから起業したいと考える方や、副業してみたいと思う方に、先輩起業家としてメッセージをお願いします。

まずは、Megribaに来てスタッフの方に単語だけでもいいので声に出して伝えてみることです。私自身、恥ずかしい思いを何度も経験していますが言葉にすることで必ず次に繋がります。スタッフからのアドバイスにより何かしら道が見えてくるはずなので、是非Megribaを利用して糸口を見つけて欲しいです。イベントやセミナーに参加することもおススメします。

初めてのお店などに飛び込んで自分から何か話せば自然にご縁が出来る。それが山口の良さだと感じます。まずは自分から飛び込んでみて下さい!新しいご縁ができますよ。

メグリバ編集後記


とても素敵な声で聴いているこちらが癒されてしまいました。明るくて、パワーの貰えるお人柄で楽しいインタビューでした。これからも山口で柴田さんの声が聴けるのを楽しみにしています。

プロフィール :柴田 まゆみ(しばた まゆみ)

愛知・岐阜・三重の放送局でニュースアナウンサー、番組MC、リポーター、番組制作等を経験後、結婚を機に山口へ。

出演情報はタレント図鑑のホームページをCHECK!

Instagram:@sibataya

Megribaでは起業したい皆様を応援する相談会や

セミナーを随時開催中です。

また、チャレンジショップやシェアキッチンなどのご利用で

起業された皆様を応援しています。

ぜひお気軽にMegribaへお立ち寄りください。

vol.35はこちら

vol.37はこちら