-アイデアブラッシュアップワークショップ-
~起業や新規事業の種の探し方~

アイデアを考えることは、古くて新しい課題の一つです。「会議で意見がでない」、「新規事業のアイデアがでない」などを仕事やプライデートで感じていませんか? 実は、アイデアを考えるには、秘訣があります。アイデアの出し方とブラッシュアップの仕方を学習してみませんか?

山口県内外で技術開発や教育事業に取組まれているTechEducationクリエイター 坪郷浩一氏(つぼごう こういち)が、アイデアの出し方と、そのブラッシュアップの仕方をご紹介します。

日時2021年5月12日(水)
19:00~21:00
場所Megriba コミュニティラウンジ
対象アイディアをブラッシュアップされたい方 
Megribaに興味を持たれている方
起業、第二創業をお考えの方
技術者・新規事業担当者
教育事業担当者
参加費無料
定員10名
問合せ先info@megriba.jp
当日のプログラム18:55     開場
19:00~19:10  オープニング・Megribaの施設紹介
19:10~  セミナー
20:45~20:55  交流会
20:55~21:00  アンケート、クロージング
21:00      終了

登壇者プロフィール

坪郷浩一氏(つぼごうこういち) 

博士(工学)。山口大学大学院修了後、民間企業等で研究開発・技術開発業務を約10年間従事する。平成24年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 受賞。独立後は坪郷計算工学研究所を創業し所長に就任する。主な業務は技術分野と教育分野である。技術分野は「機械・土木・建築・水産・環境工学」など幅広い領域をカバーできる技術力を持つ。また教育分野は「自ら進んで考え行動する」ために必要な方法・手段を小学生から大学院生・社会人への講義・研修を通じて指導している。
技術開発・支援実績
 流れのコンピュータシミュレーション技術を活用して技術開発支援を行っている。
  安原環境テクノロジー株式会社は
 「 水の流れを利用した水中酸素溶解方法と装置 」
に関する新技術が高く評価されて令和2年度 中国地方発明表彰 文部科学大臣賞 を受賞。
業務実例
A社:水質浄化装置の性能評価→浄化槽に使うポンプの小型化を追求することで電気代を1/10?
B社:技術者教育→双方向の講義スタイルで行い、受講生から高評価を得る?

新型コロナウイルス感染拡大防止について

以下の対策を徹底いたします。ご協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
・参加者・関係者の検温、消毒
・参加者・関係者:マスク着用、登壇者:互いに距離を取った配置
・会場の定期的な換気
体調がすぐれない場合は、くれぐれも無理にご参加されませんよう、ご配慮ください。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。